おくすりぽっけの使い方

しあわせにゃん家のおかーさんが作った

おくすりぽっけ

 

使い方

 

  1. お薬の大きさによりますが、一つのぽっけで2つ〜3つのお薬を包みます。
  2. 猫ちゃんによっては大きいとなかなか噛めない子もいますので、薄く包むだけの方がいい子もいますよ。
  3. 滑らかにしてしまうと、唾液で滑ってなかなか飲み込めずお口からぽろっと落とす子もいます。適当に包む方がいい場合もあります。
  4. 猫ちゃんのお口の前に持っていってあげてね。
  • 手のひらに乗せてあげる
  • ご飯の上に置いて通常通りのご飯としてあげる
  • 嗜好性の高い子になると、食べない子もいます。
  • お薬が苦くて泡を吹く子で、ぽっけも食べてくれない子については、ぽっけに包んで喉の奥までいれてあげてね。苦味がないのでごっくんできる場合が多いです。
  • それでも、うまくいかない場合はしあわせにゃん家までお薬のあげ方のご相談をくださいね。

 

お薬を上手くあげる事ができないと悩む飼い主さんはとても多くいらっしゃいます。

毎日お薬を誰かにあげている、私達でさえお薬をあげるのが難しい子もいます。

少しでもそういった飼い主さんの負担を減らす事ができればと思い今回

「しあわせにゃん家のおかーさんが作ったおくすりぽっけ」を長い期間かけて開発しました。

 

このぽっけがあってもなかなか飲ませられないという子については

頑張って飲まさないといけない場合もありますが

コツもありますので、お気軽にメールでご相談くださいね。

 

沢山の皆様に助けられてのしあわせにゃん家

ちょっとでもお役に立てれば幸いです。